恋愛運アップ方法を用いれば恋が実る|信じる者は報われる

ハート

両想いになる

婦人

キャンドルを使った方法

恋愛を成就させるためのおまじないに、キャンドルを使った方法があります。このおまじないは新月の夜に行います。使うものはキャンドル、ピン、ライターです。ろうそくは赤いものを用意しましょう。赤は情熱の色と言われており、自分の心の中にある熱意を高めてくれるからです。用意ができたら、次におまじないを行う部屋をきれいに掃除します。部屋はできるだけ余計なものは置かないようにします。掃除が終わったら、ピンでキャンドルに片思いの相手の名前を彫ります。このときカタカナで彫るのがポイントです。その後、キャンドルに火をつけて、片思いの相手の名前をゆっくりと3回唱えます。おまじないを唱える際に大切なことが2つあります。1つ目は、恋愛が上手く進む成功のイメージを持って唱えることです。恋愛成就の良いイメージを持っていることで、効果が高まります。2つ目は、おまじないに対して疑いの気持ちを持たないようにすることです。信じる強い心がおまじないの効力を高めるので、半信半疑の気持ちでいると効果が弱まってしまいます。おまじないが終わったら、使い終わったキャンドルやピンは捨てましょう。ごみ箱に捨てて大丈夫です。ただし、捨てる時には人に見られないように注意が必要です。以上がおまじないの手順の説明です。おまじないは、自分の願いを叶える補助をしてくれるものです。おまじないに頼りきりになるのではなく、自ら恋愛成就にむけてさまざまな努力を続けることで想いが伝わり叶うでしょう。